2007年2月25日 (日)

病気腎移植 42件の大半に問題、医学的に不適切 調査班

移植手術がだんだんと、通常の医療行為になってきた一方で出てきた子の問題。

おどろくばかりです。

私たち患者側からすれば、死という現実がせまっている以上

ある程度のリスクは容認できると思います。

しかし、当の医師が、病院との連携を、おざなりにして、このように問題になったことは

信じられないことです。

私たち患者側は、第一に医師を信用し、その次に病院の全てのスタッフを信用して

大事な子供の命をあずけるのです。

その、コミュニケーションがまったくとれておらず、万波医師のみの独断でやられた

可能性がいっそう濃くなったことで、今一度、

移植医療が、通常の医療として社会的にも認知されるように

日本移植学会をはじめとする、関係者に、しっかりとしたルールを定着させて

ほしいものです。

私たち患者側は、なにを言っても、病院と医師を信用しなければならないのです。

今回の事件は、患者側の方にも、おおきな不安を残す事件になりました。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年4月23日 (日)

10年の歴史あるホームページ「たたかえかいじゅうユーゴン」

私のホームページは

「たたかえ!?かいじゅうユーゴン」

http://www.eonet.ne.jp/~hiro-fsy/

副題は、「胆道閉鎖症と闘う子供と家族のホームページ」 です。

もう、開設以来10年ぐらいになります。

(しってる人もいるかな?)

いろいろと、開設当初は新聞にのったり、雑誌の取材をうけたりしましたよ。

まだまだ、インターネットで、こういう情報を発信しているところはなかったですから。

あれから、月日も経ちました。

おかげさまで、いろいろと問題をかかえながらも、毎日元気にしてくれています。

くるしかった時が、つい昨日のことのように思います。

元気で、外で友達とはしりまわっている子供をみていると、胸にジーンです。

まんもす は、普通に暮らせていることが、幸せでなりません。ガオーッ(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

恋愛 | 病気 | 美容・コスメ | 育児 | 芸能・アイドル